外国為替FXのしくみ FX(外国為替証拠金取引)投資

外国為替FXのしくみ

ここで計算される通貨の比率が「為替レート」となって発信されます。

私たちがFXの取引をする時は、取引業者を介して行うのでこの銀行間取引に直接参加するわけではありません。

実際に取引をする金額は大きいので一部だけを証拠金として業者に入金し、差額は業者から借りる形になります。これで少ない元手で取引ができるのです。

証拠金によって、資金より高額の取引をすることをレバレッジといいます。FXの初心者入門ではこのレバレッジを活用することで発生するリスクをコントロールしたり、為替差益やスワップ金利を高額にすることができます。

年率3%の金利でもレバレッジを10倍にすることで、30%の外貨預金にすることができます。

レバレッジが大きくなるとその分リスクが増え、相場の高騰や急落に耐えにくくなります。

レバレッジを一時的に小さくして相場の急落急騰に対応させることもできます。資産をただ銀行に預けているだけで勝手に増えていく時代はとうの昔に終わり、今は自分の財産を自分で管理し可能ならば将来に備えて殖やさなければならない時代。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。